医者の求人Talk

他人のはかない命を背負って

医者になるまでの道のり

医者は他人の生命を預かる職業ですので、医者になるまでの道のりは非常に険しい道のりになっています。
医者になるまでの道のりとしては、まず、大学の医学部に入学することが必要になります。大学の医学部は他の学部よりも偏差値が高く、入学するためには相当な勉強をすることが必要です。医学部のある大学は国公立の大学や私立の大学があり、国公立の大学の医学部の授業料は他の学部の授業料とほとんど変わりませんが、私立大学の医学部は授業料がとても高いので、入学するには膨大なお金が必要になります。
大学の医学部は他の学部と異なり、6年間勉強をすることになります。医学部を卒業すると医師国家試験の受験資格が与えられ、医師国家試験を受験することができます。医師国家試験に合格すると医師免許が授与され、医者になることができます。一人前の医者になるには、医師免許を取得後、医者の求人に応募し、インターンと呼ばれる研修医として、病院に勤務することになります。

RECOMMENDED

介護の就職の詳細

医者と看護師の連携プレイ

image病気になった人が治療を受けるにあたっては、医師に委ねることが数多くあります。医師には、治療技術もさることながら、患者すなわち他人の命を預かるという心構えも必要とされます。医者の求人にあたっては、ただ単に医師不足を解消するためだけではなく、その医師が患者の気持ちに寄り添うことや他の医療スタッフとの良好な関係が構築できることも大切です。

病気にはたくさんの種類があり、必ずしも治癒できない場合もあります。医師は治療という行為を通して他人のはかない命を背負うことになります。また治療の際には様々な医療スタッフとの連携も必須です。特に看護師とは一番身近で治療を担っていく関係となります。より良い関係で治療ができれば患者への負担軽減に繋がる可能性もあります。
医師の治療方針と看護師の看護方針が一致することは患者の命を支えることに繋がります。求人の際には、治療方針ばかりを優先させるのではなく看護方針にも理解を示すことができる医師を選考する必要があります。